住宅ローンの事前審査に通らない原因は?

事前審査に通らない理由は人それぞれ違うから

住宅ローンの審査には事前審査(仮審査)と本審査があります。 事前審査は金融機関が審査し、 本審査は保険会社が審査をします。 事前審査が通ればたいてい本審査も通ります。


審査の基準は、金融機関によって異なりますが、 一般的には、年収・勤務形態・勤務先・年齢・住宅ローン以外の借金の額・個人信用情報などです。 本審査ではこれに健康状態も加わります。


あなたの弱点はどこだったのでしょうか?住宅ローンの事前審査に通らない理由は、まさに人それぞれと言えるので、 あなたの弱点に合ったお勧めの住宅ローンを紹介するサイトを作りました。 しかも、そちらのサイトでお勧めしている銀行のほとんどが一括で事前審査に申し込み可能になっています。 住宅ローンの事前審査の審査基準は金融機関によって異なるので、 1社に落ちても次の1社にはあっさり通ることがありますよ!


住宅ローンの事前審査に通らないときに確認すること

住宅ローンの事前審査に通らないときに確認すること

個人信用情報とは、CICやJICCなどの個人信用情報機関に登録されたクレジット情報のことです。

クレジットカードなどの支払いを3ヶ月以上延滞すると、個人信用情報機関に異動(事故)情報が登録されます。代位弁済や自己破産・債務整理などをした場合も同様です。 申し込みの記録も登録されますので、短期間に複数のクレジットカードやローンに申し込みをしていると印象が悪くなります。個人信用情報機関に登録される期間は次のとおりです。


申し込みの記録・・・6ヶ月

クレジット情報(延滞など)・・・完済から5年間


クレジットカードの延滞などで一度異動情報が登録されてしまうと、完済から5年間は消えないということです。また、CICでは毎月の支払いの記録も24ヵ月間保存されますので、 ほんの数日支払いが遅れただけでもCICには記録が残ってしまいます。最近注意すべきなのが、携帯電話料金です。携帯本体の分割払いはクレジット契約なので、 支払いが遅れると信用情報にキズがつきます。携帯本体の分割払いは電話料金と一緒に請求されるため気づかない人が多いですが、うっかり支払いを忘れないよう注意が必要です。


クレジットカードのキャッシング枠や、利用していないカードローンなども、借金として見られる場合があります。限度額の多いカードローンなどがあると、多額の借金が あるのと同じになってしまうので、住宅ローンを申し込む数ヶ月前に解約しておきましょう。


個人信用情報をどう受け取るかは金融機関によって異なります。1回の支払い遅れがあっただけで事前審査に落とす金融機関もあれば、過去に延滞があってもすでに完済していて 総合的に見て信用があるならば事前審査に通す金融機関もあるので、 「信用情報が自分の弱点だったのかな?」と思う場合は、一括審査申し込みサービス等を利用することで、 事前審査の通過確率を上げることが可能です。詳細は下記リンク先サイトをご確認下さい。


住宅ローンの事前審査に通らない人にお勧めなのがネットバンク

住宅ローンの事前審査に通らない人にお勧めなのがネットバンク

昔は、住宅ローンを借りるときは正社員というのが絶対条件で、勤続年数3年以上、年収400万以上、頭金は2割以上というのが常識でした。 しかし現在では社会情勢の変化によりその常識は崩れ去りました。メガバンクや都市銀行ではまだまだ保守的ですが、比較的新しいネットバンクでは現在の社会情勢への対応ができているといえます。


ネットバンクのメリットとして、低金利であることがまず挙げられます。高額ローンである住宅ローンでは数%の金利差で数百万円の差が生まれますから、 これは非常に重要です。さらに、団信や保証料などの諸費用が無料だったり低めに設定されていることです。諸費用だけでも数十万円が節約できることがあります。


一般に、金利が低くて条件のいい住宅ローンはその分審査が厳しい傾向がありますが、ネットバンクの場合は理由があります。ネットバンクは実店舗がないため、 店舗費や人件費が安くすみ、その分で金利を下げたり諸費用が無料などのサービス面に費用を使うことができるのです。


ネットバンクの審査は、派遣やアルバイトでも可としていたり、最低年収が設定されていなかったりと、かなり柔軟です。 セゾンファンデックスでは、過去にクレジットカードを延滞したことのある人でも審査に通した事例が紹介されています。 住宅ローンの事前審査に通らないという人は、ネットバンクを中心に、最大7社の住宅ローンに一括申し込みできるサービスがお勧めです


住宅ローンの事前審査に通らない人にお勧めなのが一括申し込みサービス

知らないうちに個人信用情報にキズがついていることがあります

一昔前は、ゼロ円携帯があたりまえだったので、携帯本体の料金が携帯料金に含まれることはありませんでした。そのため、携帯料金は止まる前に支払えばいいやなんて人は 結構いました。しかし、ゼロ円携帯の廃止とスマホの普及によって携帯本体を分割払いするようになり、信用情報にキズがつく危険度が増しました。 たった1回の携帯料金の支払い忘れで住宅ローンが通らなくなり、人生プランに大きく影響を与えてしまうなんて悲しすぎますよね。 個人信用情報にキズがある人でも、複数の金融機関に一括申し込みができるサービスを利用すれば審査に通過する確率はかなり上がるはずです。


フラット35では事前審査がない?

フラット35はかなり独特で、審査は金融機関ではなく住宅金融支援機構がすべて行ないます。金融機関が行なう事前審査はなく、 住宅金融支援機構が仮審査、本審査を行います。そのため、審査基準もかなり独特なようです。 フラット35では団信への加入が任意となっているので、健康状態に不安がある人でも住宅ローンが借りられる可能性があります。 そんなフラット35も含めたネットバンクの住宅ローンに一括申し込みができるサービスはお勧めです。

住宅本舗では、東京スター銀行・楽天銀行 フラット35・住信SBIネット銀行・ソニー銀行などのネットバンクに一括で申し込みができるサービスが利用できます。 一回の入力で複数のネットバンクに一括申し込みができるので、手間がはぶけます。

申し込みの記録は個人信用情報に残るので、1社ずつ申し込みをすると審査で不利になることがあります。その意味でも一括申し込みはお勧めです。 住宅ローンの審査はおよそ1ヶ月かかるので、1社申し込んで落ちると次の1社に申しこむまでのタイムラグが生じます。その間にほしい物件がなくなっているという ことも。タイムラグをなくす意味でもこのサービスはお勧めです。

すべての個人情報は、ISO27001に基づく管理を行い、情報のセキュリティを確保しています。

Copyright © 住宅ローンの事前審査が通らない場合にとる方法と知っておくとよい情報 All rights reserved